体に負担がないワキガ治療

日本人は、外国人に比べるとワキガの人が少ないです。


ですから、ニオイがよけいに目立ってしまいます。
ワキガは、病気ではなく体質ですので子供でもいます。

子供が、ワキガですと、いじめにつながりますので、治療したほうが良いでしょう。

ワキガは、あまり良いイメージではありません。


クサイとか気持ち悪いとか、不潔であるといった悪いイメージが、その人に一生つきまといます。

最近では、医学が進歩したおかげで、いろいろな治療法が確立されています。

今の、ワキガ治療の主流は、手術ではありません。


むかしは、手術が一番効果的であると言われていました。
しかし、今では体に負担がない方法で、手術並みの効果がある治療があるのです。

腋の下を切開しないで、数ミリ穴をあけ、カニューレを挿入し、ニオイの原因となるアポクリン腺などの汗腺を吸引していきます。
この方法ですと、体に負担が無く、ダウンタイムもありません。

多汗症手術情報を参考にしましょう。

あともう1つは、ミラドライという装置を用いて、わきの下にマイクロ波を照射します。
マイクロ波を照射することで、アポクリン腺、エクリン腺などの汗腺を破壊することができます。

ワキガの最新情報ならこちらを参考にしてください。

一度完全に破壊された汗腺は、再び再生されることはありません。このミラドライという装置は、アメリカのfdaから認可を受けていますので、ものすごく安全です。



このミラドライという治療は、切開をしないので、ダウンタイムもなく、効果も抜群ですので、とても人気があります。